Press "Enter" to skip to content

ジョーズを見てあれだけ好きだった海が全く行けなくなってしまった

人生を変えた映画と言うと、
ポジティブな作品をあげるはずです。

私は逆で夏の日にあれだけ好きだった海が全く行けなくなりました。

まさしく人生を一変させた映画だと言えます。

その映画とは、スティーブンスピルバーグ監督の「ジョーズ」です。

簡単に言えば鮫が人間を襲う映画ですが、
その怖いこと怖いこと。

何の前触れもなくいきなり大きな口を開けて、
人間にかぶりつきます。

子供に襲いかかるシーンも印象的で、
海の近くに行くだけでまずあり得ないのですが、
ジョーズに襲われるのではないかとなんだか体が震える感じがします。

子供の日、海と言えば大喜びする人が多いと思いますが、
海=ジョーズになって「食べられたり、痛い思いをするから嫌だ」になりました。

私は今までにたくさんの映画を見てきましたが、
これだけトラウマになる映画は初めてです。

特にこの映画の鮫が出る前の音楽が印象的で
夏の日に頭の中に流れることがあります。

まさしく私の人生を一変させた映画です。