Press "Enter" to skip to content

初めて見た洋画インディージョーンズに度肝を抜かれ、瞬く間に夢中になりました。

私が小学生のときに初めて映画館でみた洋画が、
インディージョーンズ魔宮の伝説でした。

ストーリーそのものの面白さに引き込まれて、夢中になっていました。

まだ小さな私には、
宮殿で出される料理ひとつとっても衝撃的で、
おさるの脳みそのシャーベットは
恐ろしくも目に焼き付いて離れませんでした。

最期のトロッコのシーンの爽快感とワクワクは
夏が終わって冬になってもまだ友達に語り続けていたのを覚えています。

映画の内容そのものが私の人生を変えたというのではないのですが、
その映画をきっかけに子どもながら、
洋画に興味を持ち、お小遣いをためては映画館に通うようになりました。

中学に上がるときには愛読書が雑誌「スクリーン」という有り様でした。

洋画への興味は次第に洋楽、
そして英語へと延びていきます。

映画を自分の耳で聞いてみたい、
もっともっと楽しみたいと思い英語を勉強し、
大学も英文科へ進学をしました。

もしあのとき、あの映画を見なかったら
何に興味を持っていたのだろうかと考えることがあります。

心に残る名画等たくさんありますが、
私にとって人生を変えたという意味ではあの映画以上のものはないと思います。

インディージョーンズはその服装や小物も魅力的で、
主役のハリソン・フォードの服に憧れ、どこかに売っていないか探したものです。

今ではネットで何でも探せますが、
当時はそういった方法もなく、結局子供には探すことができませんでした。

このサイトに映画の小物の話が沢山出てくるのですが、
http://cheval-hebdo.com/
やはりみんなそれぞれ好きなもの、
思い出深いものがあるみたいで、
知らない映画であっても、呼んでいるだけで楽しくなってきます。